女子大生とエロチャット

女子大生というのは本当にスケベな生き物です。お願いもしていないのにエロチャットを申し入れてきました。そりゃあ私だって男ですからそのような誘いを受けたら嬉しいですよ。一回りも二回りも年齢の離れた女の子とスケベなことができると思うとビクンビクンしちゃいますからね。はじめは一ヶ月に一回くらいのアダルトチャットだったのですが、いまでは毎日のようにやっています。というのも希望する女の子が他にも現れるようになったからです。それも一人ではなくて十数人にまで上ります。しかし私のオチンコは一本しかありませんし私の本体も一つしかありません。彼女たちに泥臭い奪い合いなんてやってもらいたくないので、こちらから予定表を渡しました。つまり日替わりで私の相手をしてもらうのです。どの子に不利益を与えることもないように、均等にローテーションするようにしています。こうすることで彼女たちからの不満を回避することに成功しました。私はできるだけ早く退社して自宅に帰ります。そしてパソコンの電源を付けて立ち上がりを待つのです。その間にズボンのベルトを緩めて準備します。そしてブラウザを立ち上げてアダルトチャットに入室するのです。女の子は待ちきれず30分も前にログインしています。「待たせてごめんねー」と一声かけながらコミュニケーションを始めます。彼女は颯爽と服を脱ぎだし行為に入ります。アソコはもうヌレヌレでベチョベチョです。その様子を見ているとこちらもムクムクとしてくるんですよね。一緒にオナニーしてイクのですが、やっぱり若い子とのエッチは楽しいですね。